バックストーリー

それを考えると、自分に仕えているサーヴァント達のことを少し気の毒に思った。
キャロラインが折れなければ、サーヴァントを使って脅してくる可能性も無きにしも非ずだ。
「分かったわ」
暫く逡巡し、カレンダーを見上げたまま、キャロラインは心底嫌そうに呟いた。
「お帰りになられますか?」
のろのろとウィリアムに視線を移しつつ、キャロラインは押し殺した声で答える。
「帰るわよ。……12月23日に」

コメントは受け付けていません。